2008年12月12日

かつてないハードな特命に命をかけて挑む

■特命係長 只野 仁 最後の劇場版 (2008/12/06)

特命係長 只野仁 最後の劇場版 [DVD]特命係長 只野仁 最後の劇場版 [DVD]
高橋克典, 櫻井淳子, 永井大, 蛯原友里, 植田尚

SHOCHIKU Co.,Ltd.(SH)(D) 2009-05-02
売り上げランキング : 2697
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★☆☆☆☆

 映画がヒットすると言うことは、作り手の意図と観客の欲望が合致したと言うことだろう。この作品もドラマがヒット→映画化と言うことだから、そういう意味ではまさに世の中の嗜好を表している。

 私は恥ずかしながらこの作品の存在をまったく知らなかった。会社の20代の女性によると、「もともとマンガが原作」で「くたびれた窓際サラリーマンが、実は会社の会長か何かと懇意」で「その勅命で凄腕のフィクサーとして、会社の黒い諸問題を秘密裏に解決していく」ということがわかった。つまり「普段は3枚目だが、実は・・・」という、「遠山の金さん」とか「必殺!」とかと同じだ。おもしろそうである。ただ彼女曰く「主演の高橋克典は少しカッコヨスギルかも。マンガはもっと普通のオジサン臭い」とのこと。そのあたりは画面的なものもあるのだろう。
 話を聞いていると2003年からレギュラードラマ、スペシャルドラマとして度々放送されていたらしい。毎回のゲストも著名人が多いとか。こんな話題作(多分)に触れない知らない社会生活を送ってたかと思うと我ながら情けない気もする。

 ともかく、そこそこに期待して映画に臨みました。
 
 が、酷い。なんだこの映画は。
 仕事観、女性観、アクション、音楽、映像、すべてが時代遅れ。すごい昭和臭。そして下世話で下品。いろんなとこに怒られないのか、いまどきこの内容。

 確かに高橋克典の体は素晴らしいし、チェ・ホンマンの体躯には「デカイだけで最強だ」と感じさせる魅力が画面から溢れている。しかしそれだけだ。

 もともと深夜枠ドラマか。なるほど。だから許される下品なお色気描写や会社至上主義の感覚。しかしそれがウリだと勘違いも甚だしい広報はなんとかならないものか。いやしかし世間はそれを受け入れているようである。 世の中の認める価値はコレなのか。酷い世の中だなあ。

 この映画で費やした時間は105分。なんという浪費だ。浪費とは贅沢ってことだ。そして娯楽とは余裕がある人だけが享受できる特権である。つまりこの作品は、ある意味では娯楽の王道を行く作品と言えるだろう。

 娯楽の王道を行く作品が、私の心を揺さぶらないわけがない。映画の内容も、それを見た自分も、そのあまりの馬鹿馬鹿しさに、実はむしろ大満足である。久しぶりに映画料金が安いと思った。レイトショーでの鑑賞だったのだが、テンションが高まってしまい、帰宅後ももぜんぜん眠れなかった。くだらなさに笑いが止まりません。くだらないのは私だが。

 今の気持ち。シリーズぜんぶ見たくてしょうがない。我ながら情けない。


 ところでエンドロールで「原作者・柳沢きみお」と。
 嗚呼! なんかすべて合点がいった。だからこそこの昭和臭。そして私が原作を知らなかったことにも納得した。そして会社の女性が「(映画より)マンガはもっと普通のオジサン臭い」と言った理由も。絵柄が、ねえ、ちょっと懐かしい感じなのだ。
 私の人生はなんとなく柳沢さ側んの道を避けてきた。その絵柄が馴染めなかったからだ。絶大な人気を誇ったと言う「翔んだカップル」も世代じゃないし、柳沢洗礼をほとんど受けてはいないのだ。じゃあなんで合点したかって「妻をめとらば」は世代なので、その臭いとカブった。

 そして思い出に浸ろうと「妻をめとらば」をwiki検索したが、項目が見あたらないでやんの。私的にはコレでしか柳沢さんを語れないのに。世界の中心は私と関係ないところにあるようだ。そりゃそうか。


映画「特命係長 只野 仁 最後の劇場版」公式サイト
http://www.tadano-movie.com/

特命係長 只野仁 DVD-BOX
特命係長 只野仁 DVD-BOX高橋克典, 柳沢きみお, 櫻井淳子, 永井大

ポニーキャニオン 2003-12-17
売り上げランキング : 1107

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
特命係長 只野仁 セカンド・シーズン(5巻セット) [DVD] 特命係長 只野仁 リターンズ 女弁護士の秘密を暴け! [DVD] 特命係長 只野仁 サード・シーズンDVD-BOX 特命係長 只野仁 スペシャル [DVD] 特命係長 只野仁 スペシャル'06 高級レストランとおふくろの味 [DVD] I ラブ オシリーナ [DVD]



映画タイトル一覧
旧サイト・映画タイトル一覧(別窓)


↓そこそこ期待してほしい
blogram投票ボタン
posted by ごん at 21:39| Comment(2) | TrackBack(0) | ┣ 映画 (劇場) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エイベックス・エンタテインメントってなに?
Posted by BlogPetのゴン at 2008年12月13日 13:29
その質問の意図が気になる。
Posted by ごん at 2008年12月16日 00:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/111123276

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。