2009年09月20日

動物園巡りはキリがない

■いのちの王国
いのちの王国いのちの王国

毎日新聞社 2007-12-21
売り上げランキング : 444928
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆

 直木賞作家・乃南(のなみ)アサが、毎日新聞の日曜版に連載していたという動物園と水族館の周遊記をご紹介。

 乃南アサは私が好きな小説家の一人だ。いや、私は小説はあまり読まないので、名前を覚えている数少ない小説作家の一人と言ったほうがいいか。
 昔、実家の食卓に無造作に置かれていた「6月19日の花嫁」と「凍える牙」を読んだらおもしろくっておもしろくって、。フィクションものばかり読んでた私がしばらくフィクションばかり読むことになりましたとさ。

 さて本題はエッセーだった。「いのちの王国」。大の動物好きの作家(らしい)・乃南アサが東西南北18の動物園・水族館を巡り、まとめたエッセーだ。動物写真も満載で気楽に読める。特に大阪市天王寺動物園のカバの写真はすごい。カバ2頭が水中を歩くシーンなのだが、カバが地面から浮いてんの、軽そうなの。天王寺、行きてー。

 内容は、動物をそれぞれ「かけがえのないいのち」と捉え、ちょっとした感動のエピソードとともに語るというスタンスで、非常に一般向けで読みやすい。
 母親キリンが骨折した我が子に食事も取らず寄り添い衰弱死した。しかしその子はその後義足をつけ3ヶ月間生き抜いた。尾びれを損傷し失ったイルカが、人工尾びれをつけ、イルカショーができるまでに回復した。
 いずれもテレビで報道されたことがある話だったと思うが、こういった心あたたまるエピソードが散りばめられ、動物の生を通して人間の在り方を問うている。もちろん説教臭い言い回しではなく、さすが作家、物語を読むかのようにすんなりと受け入れられる語り口で心地よい。

 心地よいが、私には少し期待はずれだったというのが、実は読み始めたときの正直な感想である。
 動物を語るにお涙頂戴はいらない。擬人化する必要はない。
 動物の営みを人間の尺度・感情に当てはめて語るのは私は苦手だ。この本の場合はもともとが新聞連載で、つまり人が生活の中で、食事を取り、テレビでも見ながら、本気で活字に臨む姿勢でないときに読むものだから、ある程度読みやすい形式、つまり物語化が有益であることはわかる。そういう視点で見ると、物語を紡ぎながらも充分に感情を排して理性的だ。理性的だが難解でない。さすがとしか言いようがない文体で、硬軟見事なバランスだ。あれ、誉めてら。

 ともかく、ちょっと批判的な目で読んでいたが、海響館(山口県下関市の水族館)のエッセイで目から鱗が落ちた。
 そこは私の地元近くにある幾度か足を運んだことのある水族館で、展示の目玉に「関門海峡潮流水槽」という展示がある。窓の向こうに実際の関門海峡が見える水槽で、その中には波が起き、潮が渦を巻く。この展示には、眼前だけでなく頭上にも水槽が広がる場所(トンネル)があるが、そこにイワシの群れがきらめくのだ。壮観である。イワシなのに。でもここまでは私も知っている。問題はそのあとの記述だ。

 「しばらくの間眺めていたら、水槽の下の方にいたエイが、(中略)イワシを見事な素早さで捕らえるなり、自分の身体でトンネルの天井に押しつけた。(中略)やがてエイは少しずつ身体を移動させて、そのイワシを口元に持っていくと、頭から食べた。」

 うわああああ! 食ったんかー!? 私ってば何も見てなかった・・・! 乃南さん申し訳ありません。私は海響館の、魚の、動物の何を知った気になっていたんだろう。乃南さんのほうがよっぽどしっかりと動物を見つめていた。動物はどんな環境にあろうが独立したいのちだ。そしてそのいのちは常に自然の歯車にガッチリはまっている。いのちは巡る。
 このエピソード一つで、この本は私の宝物となりました。
 

 ちなみに、乃南さんが巡った18の園は次の通り。
 秋田市大森山動物園;富士サファリパーク;沖縄美ら海水族館;よこはま動物園ズーラシア;旭川市旭山動物園;多摩動物公園;鴨川シーワールド;千葉市動物公園;大阪市天王寺動物園;海遊館;到津の森公園;しものせき水族館 海響館;アドベンチャーワールド;神戸市立王子動物園;宮崎市フェニックス自然動物園;名古屋市東山動植物園;新江ノ島水族館;東京都恩賜上野動物園

 そうです、「到津の森公園」の名があったから買いましたー。飽きねえな私も。


6月19日の花嫁 (新潮文庫)6月19日の花嫁 (新潮文庫)

凍える牙 (新潮文庫) 結婚詐欺師〈上〉 (新潮文庫) 結婚詐欺師〈下〉 (新潮文庫) 冷たい誘惑 (文春文庫) 涙 上巻   新潮文庫 の 9-15

by G-Tools



↓いいから巡ろう、めぐってネw
blogram投票ボタン

ラベル:動物 到津 旭山
この記事へのコメント
周遊するの?
Posted by BlogPetのゴン at 2009年09月20日 14:03
いや、した(過去形)らしいよ。すでに。
Posted by ごん at 2009年09月21日 08:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。