2009年09月30日

自殺したアイドル、“如月ミキ”の一周忌。

■キサラギ (2007)

キサラギ スタンダード・エディション [DVD]キサラギ スタンダード・エディション [DVD]

キングレコード 2008-01-09
売り上げランキング : 4019
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★☆☆

  自殺したアイドル、“如月ミキ”の一周忌。
  男、5人
  この部屋で事件は起こる―

 映画のキャッチコピーである。これがまさにあらすじ。
 自殺したD級アイドルのファンサイトを介して知り合った5人の男が、彼女の一周忌にいわゆる「オフ会」を行う。彼女のレアアイテムなどを愛でながら進む会の最中、ひとりの男が言う。「彼女は自殺なんかじゃない。他殺だ!」 そこで事態は風雲急を告げる。

 ワンシチュエーションコメディである。三谷幸喜作品のように主に会話で魅せる。たとえば「12人の優しい日本人」(1991)、陪審員制度が導入したころちょっと話題になった映画(もとは芝居だが)がある。
 「12人の優しい日本人」は、陪審員制度がある仮想日本を舞台とした法廷劇だ。素性がまったく違う12人が、ひとりの男性の死をめぐって事件か事故か、有罪か無罪かで激論を交わすお話。結論が固まりかけると、誰かがぼそりと「でも・・・ちょっと変じゃないかな? だって・・・」などとと言ったりして話が二転三転する。舞台はたった一ヶ所なのに、なんとまあ、飽きない変化のある動きの感じる映像なのである。
 なんつって。「12人の優しい日本人」がすでに、1957年のアメリカ映画「十二人の怒れる男」という密室劇、法廷劇の金字塔のオマージュである。
 いやあ「怒れる」はいまさらなんだがすごい。実は私が映画好きになったきっかけの映画で、好きな映画を問われたらこの名前を挙げずにはおれない。

 つまり「キサラギ」もそういう密室劇。

 正直、喩えに挙げた2作品と比べると見劣りする。登場人物が少なく、どんでん返しのパターンも少ない。映画として映像的にも唸るようなものはない。話自体も非現実的で軽い。

 でもこの非現実で軽い感じは、芝居的につくっているからかな。芝居ってとんでもないシチュエーションで見せることも多いですもんね。
 実際、今村ねずみらが出演しての芝居も今年2009年にやるらしい。今村ねずみについては下記リンクの「ATOM」関連をご覧ください。すげーやつですよ、ねずみ。

 でもね、なんだかんだと飽きない作品で、私は好きです。家で見るお気軽レベルならこれは本当にオススメ。もう劇場で公開されることはないだろうから、安心してオススメできる。

 個人的には、主要登場人物がもともと好きな役者ばかりなのもポイント高い。小栗旬、ユースケ・サンタマリア、小出恵介、塚地武雅、香川照之。
 彼らは劇中では、サイトで知り合ったという設定ゆえに、本名でなくハンドルネームで呼び合う。この本名が不明という点も「12人」的であるが、それはともかくこのハンドルネーム、ユースケは「オダ・ユージ」と名乗っている。劇中の役割、すなわち刑事のように追求する者という記号でもあるが、単純にユースケの後ろにあるビッグネームの威を借りつつのファンサービスなわけで、私はその臆面の無さはわりかし好きですよ。

 登場人物にひとりでも好きな人がいれば、楽しい時間を過ごせるでしょう。

 “如月ミキ”、劇中顔がずっと隠されていたが、最終的には出るのか。うわあ、絶妙ー。ブスカワイイ加減がすごい適切。まさにD級。こんな(5人の)ファンもつくだろうよ納得する容姿である。
 実は、演じたその人が誰かというのはネット検索でわすぐかるが、まあそれは映画鑑賞後に、気が向いたら調べるくらいがいい。

 そうそう。エンディングの、スタッフロール時に登場人物5人で行われる、如月ミキのビデオを見ながらの振り付けは最高です。最高。私も仲間に入れてくれ。
 映画史上に残るすばらしいスタッフロールである。言い過ぎ。


関連記事→「交渉人 真下正義」「日本版『ATOM』を見て」「韓国版『ATOM』を観て」

映画「キサラギ」公式サイト
http://www.kisaragi-movie.com/
舞台「キサラギ」公式サイト
http://www.kisaragi-stage.com/

十二人の怒れる男 [DVD]十二人の怒れる男 [DVD]

12人の怒れる男たち―英文シナリオ 12人の優しい日本人 [DVD] サウンドシアター(声優ver)キサラギ キサラギ オリジナル・サウンド・トラック キサラギ

by G-Tools


映画タイトル一覧
旧サイト・映画タイトル一覧(別窓)


↓クリックで救える(ブログの)いのちがある
blogram投票ボタン

posted by ごん at 00:04| Comment(0) | TrackBack(3) | ┣ 映画 (DVDなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/129146461

この記事へのトラックバック

今村ねずみ convoy
Excerpt: イギリスの生活が背景に描かれている小説で、「この本いいですよ」というような本.... イギリスの生活が背景に描かれている小説で、「この本いいですよ」というような本を紹介してください☆(続きを読む) ..
Weblog: 元気になる
Tracked: 2009-12-05 20:15

今村ねずみ。。。
Excerpt: 予告「絹の靴下」〜湖月わたるさん主演 「絹の靴下」 2010年6月初旬 シアター・ドラマシティにて作詞・作曲:コール・ポーター演出:荻田浩一<出演>湖月わたる ..
Weblog: nnknのブログ
Tracked: 2009-12-06 18:09

今村ねずみ 傘
Excerpt: コンボイショウ 火曜日、ダンスの好きな娘と、今村ねずみさん主催のコンボイショウを見てきました。 市民会館の三階の一番前の席、初めて座りましたが、見やすかったです。 六人のカッコイイ、ダンスしっかり、..
Weblog: ハイ!最新情報
Tracked: 2009-12-06 19:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。