2007年12月06日

サラリーマン刑事

■踊る大捜査線 (1997)

踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)踊る大捜査線 コンプリートDVD-BOX (初回限定生産)
君塚良一

ポニーキャニオン 2005-11-25
売り上げランキング : 2090
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

★★★★★

 なぜいま「踊る」なのか。

 「踊る大捜査線」とは、映画になったり外伝ドラマができたりと、かなり世界が広がったが、本来は1クールのテレビドラマで、その内容に関してはもう説明の必要がないほど有名だし、当サイトでも関連作品(当記事末の「関連ページ」参照)を取り上げた際に何度か説明しているので詳細はもういいや。

 それで映画や外伝はそれぞれ複数回見ているのに、気づいたら元祖、すなわちドラマシリーズは本放送(10年前)のときしか見ていなかったことに気づいた。
 当時たしかにハマった記憶はある。その記憶どおり本当におもしろかったのか、今一度自分の気持ちを確かめたかったのだ。ということではまったくなく、「TSUTAYAでたまたま眼についたので」という、深い理由どころか一篇の積極性もない理由で見直したわけだが。

 ところが、おもしろいし。

 本当に思ってた以上におもしろいドラマだった。
 後の派生(続編)ものでは過剰に目立っていた署長、副所長、課長のスリー・アミーゴスはそんなにくどくないし、官僚とか警察機構への切り込み方も大上段に構えてなく、社会派な臭いもマァ薄いし、要するにすべてがほどほどで嫌味がない。

 ただ、主人公・青島(織田裕二)の設定、つまり元営業マンてのだけが気にくわない。というか営業マンの捉え方がひどい。
 青島は元営業マンということでその「営業力」を活かした捜査や、会社組織の不条理について語る部分があるのだが、それがな。いくら10年前のドラマとはいえ、ドラマを効果的にするためとはいえ、青島の無遠慮でぶしつけな接客や詐欺行為を一流営業マンの技術として描いたり、会社組織に対する甘っちょろい独りよがりな考えを一般論として語るのはなあ。
 マ本放送当時、私はまだ学生同然の新米社会人だったから、その頃の「営業」や「会社」の常識からいうとアレは正しいと言われるとゴメンナサイ。

 このドラマは、3話ごとに見所がある。男の見所だ。
 基本的にコメディドラマだから、軽いタッチの話が主流なのだが、時折いつしかまぶしい男の光があふれるのだ。
 建前やシステムやルールを違えても、守べきことがある。男のルールだ。
 で、そういう話に絡むのは、主人公の青島はもちろんだが、あとはいつも2人の男だ。そう、室井管理官(柳葉敏郎)と和久さん(いかりや長介)である。
 前半は室井さんが青島に触れて、単なる官僚マンから人間に変わっていくさまがおもしろい。後半は和久さんの刑事としての闘い、この場合の刑事というのは男というのとイコールだが、その刑事としての矜恃をかけた自分の過去との闘いが熱い。
 その他の脇役陣も皆ドラマがあり魅力的だ。むしろ青島くらいだな、ドラマがないのは。彼は単なる狂言まわしにすぎない。でもだからこそ人気を博したんだろう。

 後の人気がうなずける納得のドラマだ。ぜひ一見、もしくは再見をお奨めする。言い過ぎてることは百も承知だ。


「踊る大捜査線」公式サイト(odoru-legend.com)
http://www.odoru-legend.com/
「踊る大捜査線」FANSAITE
http://www.odoru.org/

関連ページ
「踊る大捜査線 THE MOVIE 2」「容疑者 室井信次」「交渉人 真下正義」「弁護士 灰島秀樹」

CD:踊る大捜査線(サントラ)
DVD:交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産:真下+木島)
DVD:容疑者 室井慎次

だめだこりゃ (新潮文庫)だめだこりゃ (新潮文庫)
いかりや 長介

8時だョ!全員集合伝説 (双葉文庫) 親父の遺言 弁護士 猪狩文助 DVD-BOX ドリフ大爆笑 30周年記念傑作大全集 DVD-BOX (通常版) ザ・ドリフターズ 結成40周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 DVD-BOX (通常版) TBS テレビ放送50周年記念盤 8時だヨ ! 全員集合 2005 DVD-BOX (通常版)

by G-Tools


映画タイトル一覧
旧サイト・映画タイトル一覧(別窓)
posted by ごん at 02:02| Comment(1) | TrackBack(0) | ┣ 映画 (DVDなど) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケンカするの?
Posted by BlogPetのさら at 2007年12月12日 10:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/71169688

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。